2019年8月16日 (金)

京都 五山送り火 左大文字

 

先月の7月18日には地元の京都市伏見区桃山の京都アニメーションで放火大量殺人事件がありショックを受けました。桃山は自宅からは鉄道でも1時間30分ほど、かかりますので現場には行っていませんが、京都駅近くの京都アバンティで京都アニメーションの復興支援をしておられるようで明日に支援をする予定です。京都アニメーションの不幸のご冥福を祈ります。左大文字は金閣寺の近くにあります。
撮影日 2019/08/16

|

2019年8月12日 (月)

京の七夕 北野天満宮 2019

 

今年10回目の開催となる「京の七夕」です。今年も旧暦の七夕にあたる8月に「祈り」「願い」をテーマに京都各地で開催しています。京都の夏の風物詩です。今回は北野天満宮の「七夕飾りを中心に撮りました。
撮影日 2019/08/11

|

2019年8月11日 (日)

京都 東映映画村ナイターまつり 1 2019

 

2019年8月10日は京都市の最高気温は38.6℃でした。
今年も8月恒例の東映太秦映画村ナイターまつりが開催されています。今回は涼を感じる動画です。滝、池、風鈴。他にスーパー盆踊りも撮っていますが、ナイターまつりの最終日の2019年8月18日以降、19日頃にアップする予定です。
撮影日 2019/08/10

|

2019年8月 3日 (土)

京都 梅小路 七夕あそび2019

京都の夏の風物詩「京の七夕」と連携して、梅小路公園で「あそび」をテーマにした七夕イベント「京都 梅小路 七夕あそび2019」の模様です。4年目を迎えるイベントでは、イルミネーションや行灯による灯りの演出を始め、夏の夜空のレストラン、オリジナル行灯作り、願い事を書く短冊と笹の設置、フリーライブ、公園内施設の夜間延長営業、夜の梅小路公園でこの期間だけ体験できますが初日でしたのでライトアップのみでした。
撮影日 2019/08/02

|

2019年7月25日 (木)

令和元年 京都祇園祭 後祭 山鉾巡行 大船鉾の辻回し等

 

今年の祇園祭の後祭、山鉾巡行です。193年ぶりに唐櫃(からびつ)による巡行復帰を果たした鷹(たか)山を含む11基の山鉾が都大路を進みました。最後は大船鉾の辻回しの模様です。場所は四条河原町交差点です。17日の山鉾巡行とは逆方向で進み、大船鉾は大トリを努めます。
撮影日 2019/07/24

|

令和元年 京都祇園祭 花傘巡行

 

祇園祭の花傘巡行は4年ぶりのアップです。花傘巡行は花街の芸舞妓など女性中心の巡行です。昨年は猛暑で中止になっています。
撮影日 2019/07/24

|

2019年7月17日 (水)

令和元年 京都祇園祭 山鉾巡行 前祭 舞妓もお出迎え 長刀鉾辻回し 蟷螂山


 


令和になり初の祇園祭の山鉾巡行が行われました。舞妓さん、長刀鉾の辻回し、山一番の蟷螂山のカマキリです。順番通りです。
舞妓の名前は左から、亜佐子さん、まめ樹さん、槇沙子さんです。
撮影日 2019/07/17

|

2019年7月13日 (土)

令和元年 京都 祇園祭 函谷鉾 鶏鉾 菊水鉾 月鉾 曳き初め

今回は函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾の曳き初めの様子です。
撮影日 2019/07/12

|

令和元年 京都 祇園祭 長刀鉾の曳き初め

京都祇園祭の起源は『疫病の流行により863年(貞観5年)、神泉苑で初の御霊会(ごりょうえ)を行った。御霊会は疫神や死者の怨霊などを鎮めなだめるために行う祭で、疫病も恨みを現世に残したまま亡くなった人々の怨霊の祟りであると考えられていた。しかし、その後も疫病の流行が続いたために牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念した。』とされています。
令和最初の京都祇園祭です。この他に函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾、月鉾の曳き初めを撮っています。曳き初めは山鉾巡行に向けて建てられた鉾や山が正常に動くかどうかの試験巡行です。
撮影日 2019/07/12

|

2019年7月 6日 (土)

令和元年 京都 祇園祭 長刀鉾稚児舞披露


 


7月に入ると、神事の打ち合わせや、氏社である八坂神社の神職の方からお祓いを受け、祇園祭の無事を祈願する「吉符入(きっぷいり)」がそれぞれの山鉾町で行われます。長刀鉾の吉符入は例年5日に四条烏丸にある保存会所の2階で行われますが、その後に大きく開かれた窓から今年のお稚児さんが一般の方に向けてお披露目されます。今回は、その模様です。初めて撮りました。なお神事は関係者以外は立入禁止です。
撮影日 2019/07/05

|

«京都 祇園祭 記念フェスタ2 鷹山 祇園囃子 2019