« アップルケアその2 | トップページ | 真夏日 »

2007年5月23日 (水)

ディザリングはiMacにも使われていた?

上記タイトルは、ある記事で書いてありました。ディザリング自体は問題ないでしょうが、誇張宣伝に問題があると言うことでしょう。確かにBookファミリーはむしろWindowsの画面の方が奇麗と思う。私のiMacはG5なのでディザリングが使われているか知りません。Windowsが出来ないので比較も出来ませんが、MacOS上では前にも言ったようにMacBookProとiMacG5の映画予告編は雲泥の差がある。ハイビジョンTVとまではいかなくともiMacは奇麗です。MacBookProで予告編を見たときはなんだこれはと思ったのが正直なところです。それくらいの違いはあります。ちなみに私の持っているMBPとiMacG5(最終バージョンの17インチiMacG5)標準解像度は1440×900ピクセルと同じです。iMacは約1670万色表示。MBPは約1670万色対応となっています。微妙な言い回しですね。

|

« アップルケアその2 | トップページ | 真夏日 »

Apple系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディザリングはiMacにも使われていた?:

« アップルケアその2 | トップページ | 真夏日 »