« iMacはコンシューマパソコンとして最適 | トップページ | 不都合な真実(痛み版) »

2007年5月 8日 (火)

検索機能

アドビシステムズ社の文書内検索が出来るアドビリーダー8.0をVistaで使っているが、元々Windowsで作成したファイルをMacOSでPDF変換したものですが、アドビリーダー8.0の文書内検索ではヒットしないものが多い。(数字はほぼヒットする)しかし、MacOSプレビューの文書内検索ではすべての文字がヒットする。(1文字でも)やはりこれはMacOSがCPUコアにメタデータを組込むことに成功したことで出来ることなのか。(Macでは2年前にできたことが)Windowsでは最新のVistaでもコアにメタデータを組込むのに失敗したと言われている。この差は歴然と出ている。何千項目というエクセルデータをPDF化し、文書内検索するのはMacOSのプレビューが仕事を行っていく上には欠かせない存在となっている。会社では新基幹システムの導入にあたり、悲しいかなパソコンは半角・全角とか大文字・小文字の決められた文字しか認識できないと誰かが言っていましたが、それはWindowsの常識であってMacでは常識ではない。人間のように頭脳の柔軟さに近いのはMacと言える。

|

« iMacはコンシューマパソコンとして最適 | トップページ | 不都合な真実(痛み版) »

Apple系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検索機能:

« iMacはコンシューマパソコンとして最適 | トップページ | 不都合な真実(痛み版) »