« Apple株 上がり続ける | トップページ | そろそろ梅雨明けか »

2007年7月22日 (日)

日本でも痛みの取組みは進んできたか

昨日、NHK教育で夜中に番組をしていたが、痛みのメカニズムは脳が大きく関与しているとの認識が日本でもクローズアップされて来たようだ。

幻肢痛(無くなった手足に、出る筈のない痛みを感じる)の治療で鏡を使い両手があるように錯覚させてリハビリすることで痛みを取る。他に、帯状疱疹治癒後も痛みをかかえている患者に脳に磁場をあて、脳の治療をすることで痛みを軽減することを阪大病院などで行っていることが紹介されていた。

やっと痛み治療、後進国日本でも、慢性痛の理解が広がりつつあるようだ。

|

« Apple株 上がり続ける | トップページ | そろそろ梅雨明けか »

痛み・心身症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本でも痛みの取組みは進んできたか:

« Apple株 上がり続ける | トップページ | そろそろ梅雨明けか »