« iPhoneはLeopard Macの布石だった | トップページ | iMac マイナーチェンジの域を出ず »

2007年8月 8日 (水)

お詫び。タッチパネルではなかった

期待を膨らませて申し訳ありませんでした。私の希望的観測だったのですが。これでユーザインターフェイスではAppleは遅れをとるでしょう。だれ人も使えるパソコンをポリシーとしているAppleらしからぬものだ。

タッチパネルパソコンは既に世の中には存在しており、いままでパソコンを使ったことのない老人層に人気が出ている。パソコンを使えなかった人の福音となっている。これをAppleは知っているのだろうか?

せっかくiPhoneでマルチタッチを実現しているのに、Macに生かさなかったのは残念だ。

私と同世代の友人はパソコンは苦手だと言う人ばっかりなのです。マウスさえ使えないんです。なんとかタッチパネルMacが出れば奨めるつもりだったのですが・・・・・

タッチパネルパソコンは時期尚早ではない。いまやらなければいけないことです。時代の要請です。これはわたしの周りをみて感じることです。

これからは老人社会。Appleさんよ、上を向いて歩こう。

|

« iPhoneはLeopard Macの布石だった | トップページ | iMac マイナーチェンジの域を出ず »

Apple系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お詫び。タッチパネルではなかった:

« iPhoneはLeopard Macの布石だった | トップページ | iMac マイナーチェンジの域を出ず »