« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

雪起こしの風

京都などでは、よくこういうことが言われる(と言っても一部の人だけかな)

この言葉は他の地域でもあると思いますが。

京都では大雪の降る前に西寄りの強風が吹くことが多い。次第に風向きは北寄りになり、雪が降り出し大雪になることが多い。

今回の寒波、京都市内は、上空の寒気が東へ抜けかける元旦の夜から2日朝にかけて雪が降る予報となっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北極点の氷「消滅も」・・・

またまた、毎日jpからこんな衝撃的なニュースが入って来た。

記事抜粋
『海洋研究開発機構の島田浩二グループリーダー(極域気候学)らは、米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「AQUA(アクア)」が今月観測した北極海の海氷のデータを分析した。
北極点周辺は本来、夏でも、固まって数年たった厚さ3メートル程度の「多年氷」で覆われてきた。しかし、今月の北極海は米アラスカ沖から北緯88度付近まで多年氷が消失。ここ1~2カ月で形成された厚さ1メートル程度の1年氷で埋まっていた。
北極海の海氷は風と海流で動く。同機構が過去10年の海氷の動きを基に08年の動きを予測すると、8~9月の北極点は1年氷で覆われるとの結果が出た。
島田さんは「温暖化の影響で北極海の氷はどんどん薄くなっている。今夏のような気候が続けば9月までに北極点周辺の氷が消える恐れが強い」と話す。
海氷が減って海水面の面積が増えると、太陽熱を吸収しやすくなるうえ、南からの温かい海水が流入しやすくなり、さらに氷が解ける悪循環に陥る。』

北極でも冬しか氷が張らなくなるのか、これからは寒波も段々少なくなってくるかも知れない。今冬の寒波で見納めにならないよう地球温暖化の一要因と言われるCO2削減を急がねば。

まあ、CO2だけが原因とも思えないが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜県 長滝で24時間降雪量63cm

同じく、岐阜の白川では、60cm。広島県の高野50cmなどとなっています。1日でこれだけ積もる。広島県北部の山間部というのは以外と豪雪地帯なんです。

今回の寒気が南下していることを現しています。


500hpa
山形県雪情報システム提供


850hpa
山形県雪情報システム提供


大雪の目安の5000m上空の氷点下36℃ラインが近畿北部まで南下予想。1500m上空の氷点下12℃ラインが九州北部をかすめるくらいの寒気予想となっています。

これからが寒さの底になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月30日 (日)

寒気の雲・レーダー降水状況

今回の寒気に伴う筋状の雲も明瞭になっている。大陸に近いところまでぎっしり詰まっている。寒気の吹き出しが強い。北西に流れている。

レーダー降水状況も北陸中心に強い雪雲がかかっている。広範囲で雪の降るタイプ。元日までが峠か。

2007123021
衛星画像12.30日 21時


20071230_2140
レーザー降水ナウキャスト12.30 21時40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京は暖かすぎる

東京では正午現在、大手町・練馬で14℃前後と暖かいです。

今回のような冬型では関東平野は寒気の影響を受け難いでしょうね。

年末低気圧の暖気が残ったままになり易い。

それにしても、昨日の3層の空は衝撃的でした。蜃気楼よりも発生する確率は低いでしょうね。

私も少し勉強してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都市内でも雪に変わってきました

私の自宅は、嵐山に近く、自転車で10分ほどです。

こちらでも9時半頃から雨が雪に変わってきました。今日の日中は積もらないと思いますが、元旦にかけては多少積もることも予想されます。


気象庁も30日 04時00分 大雪と暴風及び高波に関する全般気象情報 第5号を発表しています。

抜粋
『(本文)
[予想される気圧配置]
 30日から1月1日にかけて、日本海の上空約5000メートルに氷点下
39度の強い寒気が入り、日本付近は強い冬型の気圧配置となるでしょう。
[防災事項]
<大雪>
 30日から1月1日にかけて、北日本、東日本、西日本では、日本海側で
大雪となり、太平洋側の平野部や四国の瀬戸内側でも雪の積もる所があるで
しょう。
31日06時までの24時間降雪量は、多い所で
北陸地方、東海地方(岐阜)    60~70センチ
東北地方日本海側、甲信地方(長野)40~50センチ
北海道地方、近畿北部、中国地方  30~40センチ 
九州北部地方、四国地方瀬戸内側  10~20センチ
近畿中部             5~10センチ
の見込みです。
大雪による交通障害、着雪やなだれに警戒して下さい。

<暴風・高波>
30日から1月1日にかけて、全国的に風が強くなり波が高くなるでしょう。
30日に予想される最大風速や波の高さは
最大風速は、陸上15~18メートル、海上18~20メートル
波の高さは、4~5メートルで、31日はさらに風が強くなり波も高くなる見込みです。
暴風や高波に警戒して下さい。』


充分ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は全国的に暖かい朝

この時期としては、全国的に異常とも言える暖かい朝を迎えています。

これで寒波くるのかと思っておられる方も多いと思いますが、これは年末低気圧が南の暖気を呼び込んだため。

今日は逆に、日中にかけて温度が下がっていく地域が多くなりそうです。

本格的な寒さは夜からです。油断禁物。大雪・強風・高波などにご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

東京上空に3層の空 出現

毎日jpによれば、下層の“もや”と上層の雨雲の間に乾燥した空気が流れ込み中間層は青空となる珍しい現象が見られた。

私もこういう写真初めて見ました。

これは気温の逆転層が発生したため、このような現象が起こった。(逆転層は冬の良く晴れた風の弱い朝に発生することが多い)

東京にお住まいの方は何か変化に気が付かれましたでしょうか? 地上からは分からなかったのではないでしょうか。
この写真は上空600mから撮影したものだそうです。

20071230k0000m050068000p_size5_2
毎日jpより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ京都市でも北と南では積雪量が大きく違う

京都市の北区・左京区・右京区で大雪でも、初詣で有名な伏見稲荷がある南の伏見区では殆ど雪が積もらない。

京都の観測記録となっている京都地方気象台は中京区(なかぎょうく)で中心地よりやや北西部に位置する。

京都市で大雪といってもばらつきは大きい。京都駅から北と南に分けると北方面で雪が降り易い。

神社仏閣が多いのは京都駅より北方面である。ちなみに金閣寺は北区である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都市では上空の寒気が東へ抜けるころ雪が降り易い

これは、寒気が東へ抜けると、上空の風が北向きに変わるからです。

前の記事でも書きましたが、京都市内では北風になった時、雪が降り易くなります。

ですから、寒波の後半に大雪になることもよくある。京都市の西は中国山地で、西風は空っ風になり、雪は降らない。

あくまで、京都市は典型的な山雪型タイプである。それも東寄りの成分を持ったときが一番。

ただし、寒気の強い時は、北西風でも大雪になる場合がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒冷渦

今回の寒波は寒冷渦的な要素も持っていると感じる。

寒冷渦はジェット気流から切り離された寒気の渦。地上天気図では低気圧は顕著でなく。500hPa面では顕著に現れる。低圧部が寒気の中心から切り離されて出来る、切離低気圧(カット・オフ・ロー)とも呼ばれる。動きも遅い。寒冷渦の南東側では顕著な天気変化が起こるとされている。

今回、地上天気図では日本海に顕著な寒冷前線がない。しかし、天気は急速に変化しそう。これが寒冷渦的要素になると私は見ています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さは急速にやって来る

今回の寒波は急速に来る。

今日は暖かいので皆さん油断されているでしょう。

しかし、今回はじわじわと寒くはならない。明日からは一転、寒さがこたえる。

交通機関の混乱も予想される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回の寒波は第一級ではない

寒気の中心は現在朝鮮半島の北に位置しますが、決して第一級とは言えない。5000m上空では、中心でも氷点下40℃も無いくらいのもの。

ただ、かなり南下するため、南日本で寒くなるということです。

1月になれば、もっと強い寒気がやって来るかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道東部では大雪

今回の低気圧の位置では、北海道東部に北東気流が流れ込んで、北海道東部で大雪になるパターンである。

50cm以上積もるところも増えそうである。

関東平野で大雪になる南岸低気圧の北海道版である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は東北南部から南は生暖かい

今朝は京都では最低気温10℃を下回らなかった。

暖かすぎる。南北移流が大きいからだろうが、こういう時に低気圧は発達する。

だが、九州では夜中過ぎの気温より日中の気温が下がっているところが多い。やっと西回りで寒気が入って来た。

ただ、13時30分の衛星画像では東シナ海北部でも明瞭な筋状の雲はまだ出ていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

850hPa面の寒気も南下

雪の降る目安となる、上空1500mの氷点下6℃以下の寒気が今日の夜から日本の上空に入り込んでくる。

今回は九州から、西回りで入る。西日本の平野部でも積雪となるところが多くなり易い。

30日の夜からは本州の山間部でも大雪が見込まれる。

今回寒波のピークはやはり大晦日から元日にかけてとなりそうだ。その後も、暫くは波状的に寒気が入りやすい状況が続くでしょう。(私のは予報ではなく、あくまで予感です。気象解説ですのでくれぐれも誤解のないように)

前回の予感記事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の金閣寺

30日からの寒波で京都市内でも雪の降る可能性が高い。

京都で雪が積もれば特に金閣寺の風景はすばらしい。他にも京都で雪となれば絵になるところが多い。

桜・紅葉も良いが、雪の京都も格別です。雪が降れば冬の京都観光も良い思い出になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

今回の寒波は鍋底型

30日から本格的な寒波が来ますが、北海道の近海で低気圧が停滞気味になる。上空5000m付近の氷点下30℃ラインが日本付近に暫く居座る鍋底型となりそう。

こういう時は西風が卓越し、日本海の平野部で大雪となる里雪型になることが多いが、特に500hPa面での寒気が強いので、西日本の平野部でも里雪型でよく降る九州、愛媛、大阪南部から和歌山北部の雪もあり得る。波状的に寒気が南下して寒波の波が繰り返すことが多い。

ただ、30日の夜は等圧線がやや南北に立ってくる。京都市は完全な山雪型で降る地域だが、30日・元旦は雪の予報となっている。名古屋でも大晦日に雪の予報。

名古屋は京都市と少し違う、京都市は北寄りの成分が卓越した時に大雪。名古屋はやや西より(北西風)の時に大雪となり易い。

雪の降る地域の予報はかなり難しい。850hPa(約1500m上空)の風向きで降るところが大きく左右される。いわゆる雪の降る筋がどうなるかである。

今回は寒気が強いので全般的に雪の降るところは多そうです。

なお、関東平野はどの冬型タイプでも雪は降り難い。東京などで大雪となるのは、台湾坊主(これは現在は使ってはいけない用語かな)と呼ばれる南岸低気圧の時で、冬型とは違います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日から年末低気圧

気象庁は平成19年12月28日05時30分
大雨(雪)と暴風及び高波に関する全般気象情報 第1号を発表。

記事全文
『(見出し)
日本付近で低気圧が急速に発達するため、29日は東日本と北日本では大雨となり、北海道では大雪となるところもあるでしょう。また、北日本を中心に風が強まり海は大しけとなる見込みです。

(本文)
[予想される気圧配置]
29日は、日本海と本州の太平洋側を低気圧が急速に発達しながら北東へ進む見込みです。

[防災事項]
<大雨・大雪>
2つの低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気の影響で、東海地方では28日夜から関東地方では29日未明から、東北地方では29日朝から、北海道では29日夕方から太平洋側を中心に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。北海道では気温が低いため大雪となるおそれもあります。積雪の多い地域や大雪から大雨に変わる地域では融雪による洪水のおそれがあり、山岳部や積雪のある傾斜地ではなだれのおそれもあります。大雨や融雪による河川の増水や低地の浸水、土砂災害、大雪による交通障害、着雪やなだれに警戒が必要です。

<暴風・高波>
29日は北日本と東日本で風が強く、特に北海道では非常に強い風が吹く見込みです。30日は全国的に風が強くなるでしょう。海上は両日とも大しけとなるところがあるでしょう。

[補足事項]
30日は強い寒気の流れ込みにより、西日本や東海地方の平野部も含めた広い範囲で積雪となるところがある見込みです。今後、地元の気象台が発表する警報や注意報、気象情報に留意してください。

次の「大雨(雪)と暴風及び高波に関する全般気象情報」は、28日17時頃発表の予定です。』

いよいよ来ましたね。バイカル湖の北、上空約5000mには氷点下45℃の寒気が控えています。
特に氷点下42℃、大雪の目安氷点下36℃以下の規模が大きいです。これが低気圧通過後、まともに日本付近まで南下するでしょう。

年末・年始の帰省、レジャーはご注意を・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

前Mac Bookはトラブル多い

Leopardでも、やはり仕事で使用しているMac Bookはトラブル多いですね。

現行のMac Bookは知りませんが、アクティビティモニタを見ているとメインメモリ不足の影響より、CPUクロックに左右されていることを感じます。

1.83GHzでは苦しいです。(メインメモリは1GB)Core2Duoではありますが、ヂュアルブートの関係もあるかも知れません。MacBookProでは大丈夫。iMacなら、なおさら問題は発生しないです。

ただ、Vistaは非常にパフォーマンス良いです。

私がこういうことを言うのはなんですが、とにかくIntel MacはMac OS以上にVistaと相性が良い。これは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple株 終値でも200ドル突破するか?

現在、ニューヨーク市場で200ドルを挟む展開となっている。

第一四半期の結果が1月に発表されれば200ドルは突破と思っていたが、それよりも早く実現しそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

気象庁 寒波に関する情報発表

気象庁は12月26日 16時20分、強い寒気と大雪に関する全般気象情報 第1号発表。 

記事全文
 『12月29日から1月2日頃にかけて、強い寒気が南下するため、全国的
に季節風が強まり、日本海側の地方を中心に大雪となり、海や山は大荒れの
天気となるおそれがあります。

 12月28日から29日にかけては日本付近で低気圧が発達する見込みで
す。このため、全国的に風が強まり、突風を伴い、海は大しけとなり、東日
本や北日本の太平洋側を中心に大雨や大雪のおそれがあります。

 更に、12月29日から1月2日頃にかけては、およそ5000メートル
上空で氷点下36度以下の強い寒気が南下して、全国的に季節風が強まる見
込みです。日本海側の地方を中心に大雪となり、西日本や東海地方の平野部
でも積雪となるところがある見込みです。海や山は大荒れの天気となり、山
岳部や積雪のある傾斜地ではなだれの危険が高まります。

 年末年始でもあり、交通機関をはじめ各方面に影響が予想されます。今後
、地元気象台の発表する警報・注意報や気象情報に留意してください。』

私の12月23日の予想より若干、早く寒波が来そうです。

帰省される方、レジャーを楽しまれる方はくれぐれも、ご注意を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New iMacの液晶品質は良くなったのか

8月に発売された現行のiMacの液晶品質が取り沙汰されているが、現在はよくなっているとの情報もある。

11月に買った同僚も何も不満は言っていない。(オプションを追加したので直接工場から届いたようで店の在庫品ではなかったようだ)

これは初期のものだけの問題だったのでしょうか?

ちなみに私が10月に買ったiMacはテカテカ画面がダメなので、あえて前モデルを買った。快適な画面である。特にLeopardにアップしてからは、なお良くなった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacとVistaのセット売り好調

これは充分予想されたことだったが、家電量販店ではMacにあらかじめVistaをインストールして販売し、セット価格でVista分を安くして販売している。

これは一石三鳥。低迷していたパソコン売上げの起爆剤となり、Macが爆発的に売れる可能性をはらんでいる。

これで、暗雲漂っている経済の活性化に繋がって欲しいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

Macをはじめようがリニューアル

その中でミスを見つけてしまいました。

Leopardが間もなく登場します。となっていました。アヒー。

もう登場してますよ! アップルジャパンさん。

重箱の隅をつつくようですが、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

中越沖地震 柏崎原発は震度7だった

YOMIURI ONLINE(読売新聞)によると、7月の中越沖地震の際、柏崎原発では震度7を記録していた。

内部の地震計で最大震度6.5を記録したという。6.5以上は最高段階の『震度7』となる。

東電は報告していなかったという。

なぜ報告しなかったのか?隠蔽ではないといっているが、やはり原発というのはそういう体質がどこでもあるのか。

正直に報告しなければ、懲役刑などの厳罰に処する法律が必要なのではないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

Leopardの辞書機能 これは良い

スクリーンセーバーのWord of the Dayに設定すると辞書に入っている、やや難し目の熟語の解説、古語、ことわざ等が出てくる。

クイズなどにも出てきそうな語句であるが、これがまた大変役に立つ。

これは、日毎に、出てくる項目が変わるようになっている。その日1日は何回も同じ言葉が出てくる仕掛けだ。これを見ているだけでも覚えてしまうように、そういうパターン化をしているのでしょう。

うまく考えられている。これは子供の教育にも役立つ機能ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月30日頃 年末低気圧通過か

最近は恒例ではなくなって来ているが、正月寒波の先駆けとなる年末低気圧が30日頃に日本付近を通過する見込みとなってきた。

その後、大晦日から今冬最大となるかも知れない寒波の襲来となりそうな気配。

その根拠は北極圏の寒気団↓の南下が予想されるからです。

「2007.12.22 21時500hPa(上空約5500m気温).pdf」をダウンロード

上空の偏西風帯が日本付近まで蛇行している。↓


「aupa20.pdf」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

関東内陸部・甲信地方など大雪の可能性

今日は低気圧が発達しながら日本の南岸沿いを通過する。

上空の気温は西から上昇しているが、東・北日本ではまだ寒気の影響が残る。

こういう時は北東気流になり、本州の内陸部では大雪になる可能性が高い。もちろん山岳部ではかなりの積雪が見込まれる。

湿った雪である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

LeopardはOS自体がおもしろい

グーグルの台頭などインターネットの充実で、OSに依存しない時代とも言われている昨今であるが、LeopardはOSそのものだけで充分おもしろい。

ネットだけがパソコンの役割ではないでしょうし、エクセルなどをやることだけでもない。ゲームをやることだけでもない。

アプリケーションに依存していた部分が多い。そういう意味で逆説的にLeopardはアプリケーションに依存しないOSであるかも知れない。

私もWindows・Macと十数年間、両方やってきたが、これほどOSの持っている機能だけでも堪能できるのは初めてである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日22日は冬至

日本から見れば太陽が一番南に位置する日ですが、気候的には最も寒くなるのは冬至から1ヶ月後です。

これは、陸地などが冷やされるのは時間がかかるためです。

この冬はどうでしょうか?寒さのピークは年明け早々になりそうな予感が・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日 (木)

大陸の高気圧が弱い

今年の12月は中国・シベリアの高気圧が強くならない。

と言って、上空の寒気はそこそこ強い。従って、それほど異常に暖かな師走でもない。なぜなのか?

地上天気図は春型のように高気圧・低気圧が入り交じっている。一見すると小春日和が続きそうな天気図である。しかし、上空の寒気はそこそこ南下している。

気象庁の週間天気予報の日別信頼度もBランクが結構多い。気象庁もあまり自信を持った予報がしづらい状況が続いているようである。

冬型には大きく分けて、大陸の高気圧が強まり寒気を吹き出す押し型と高気圧は弱いが、日本付近で低気圧が発達して寒気を引き込む引き型がある。もちろんどちらも強くなる最強型もある。

今冬は引き型だろうか。今のところだれも予想していないがクリスマス寒波もあり得るかも知れない。

でも、やはり本命は正月寒波か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月19日 (水)

Leopardはウラワザの宝庫

全くLeopardはいろいろ試すと新しい発見が多く出てくる。

特にコアアニメーションを使ったもので、思いもよらないことに遭遇する。クイックルックもいろいろなアクションが見られる。フォントブックのクイックルック切り替えのアクションはおもしろい。

以前にも書いたが、スクリーンセーバーもコアアニメーション使ったおもしろいものがある。

やはり、Leopardはコアアニメーションが真髄ですね。これがいろんなアプリに取り入れられると下手なゲームよりおもしろくなるのではないか。

11月に初めてMacを買った同僚もWindowsは毎日やらなかったが、Macは毎日やらずにいられないと言っていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜2時の怪 真相判明

Leopardになってネット上の一部を切り取りウジェットとしてダッシュボードで開けるようになったことが原因である。

通常自分自身が自分のブログを開いてもカウントされない仕組みになっているが、自分のブログでも一部を切り取りそれをダッシュボードで開くとカウントされることが判明。ダッシュボードでコメントが来てないか確認するのと、天気図サイトのものを2つ切り取っていた。

その日はマイティマウスの感圧センサを押さえなくても手を触れただけで勝手にダッシュボードが開いていた。(これは原因不明)

2つ切り抜けば2アクセスとカウントされる。倍々ゲームになるのだ。

これは、当ブログを見ていただいている方が同様のことをされれば直接ブログに入らなくても実態以上にアクセスが増えることになる。

これはどこのホームページでも同じことになる筈だ。Leopardになってこういうことが他でも発生していると推測される。

こんなことでアクセスは増えて欲しくない。せめて自分自身のブログだけでもダッシュボードで開いてもカウントされないように出来ないものか?

ニフティさん、ご見解及びご検討お願いします。

これではアクセスカウントは無意味になる恐れがある。これはネット界全体への問題提起です。難しいかも知れませんが、全ネット関係者の方よろしくお願いいたします。

Leopardは、ある意味ネット界をも揺るがす存在となってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

シベリア上空の寒気が次第に強まる

バイカル湖の北の上空5500m付近の寒気が強まって来ている。

中心付近では氷点下50℃くらいはある第1級のものです。

これがどこまで南下するか?どの地域まで移動するか?上空の偏西風帯を見ていると日本の近くまで南下する可能性もありそうです。

やはり年末・年始は寒波が来るか。

気象庁の季節予報でも、12月29日〜1月11日までの予報は東日本から西は平年より気温が低くなる確率が高くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイックルックも使い方がいろいろ

クイックルックもいろいろなことが出来るものです。

多くのファイルを同時に選択してスペースキーを押すと、インデックスシートが出てくる。これを押すと
選んだファイルが一覧表示できる。

まさにこれもコアアニメーションを使った効果であろう。

まだまだ一部しか分かってないが、Leopardはいろいろなことができる。つぎはどういうことが出来るか探していくのが楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

スポットライトはネット上の検索結果も記憶する             

スポットライト検索はインターネット上で検索したこともすべて記憶している。

これは少々都合の悪い場合もあるかも知れないが、この機能には脱帽する。もちろんイントラネット内の検索もできる訳です。Vistaでもイントラネット内の検索は可能であるが、完璧ではない。スピードも全然違う。

スポットライトの検索機能ははっきり言って、ちょっと怖いくらい凄いです。

WindowsとMacの検索機能はあまりにも差がつき過ぎている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉をつければ本当に痛みは軽減されるの?

整形外科医でも、いまだにそういうことをいう方がおられる。

一例を挙げれば、すごい筋肉がついていると思われるスピードスケートの清水選手がなぜ腰痛に悩まされているのか。どこまで筋肉をつけたら治るの?

この迷信を信じている人はまだまだ多い。私を救ってくださった整形外科医&心療内科医の先生は筋骨格系の痛みの殆どは体の電気回路の不具合だとおっしゃている。世界の医学文献を元に生理学からみた理論展開を行っておられる。

今は、腰痛や膝痛など筋骨格系の痛みはヘルニアや骨の歪みや筋肉がついていないこととは全く関係がないと実感している。

特に慢性的な痛みは、痛みの現場と脳の関係の電気信号の悪循環だと理論的にも納得できる。

もう、そろそろこのような迷信を捨てる時代になっている。ただ、筋肉の緊張を和らげることは大事なのでストレッチ、ヨガなどは効果的だと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

2007.12.14高層気温

寒さも増してきました。今後も寒気が南下して冬本番となってきそうです。

「500hpa_2007.12.14 21時.pdf」をダウンロード

このサイトも見つけました。

シベリア大陸上空の寒気も次第に強まっています。年末・年始は寒くなりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

Windows7で先進のマルチタッチ

いつ頃完成するのかは不明ですが。Windowsパソコンでも本格的マルチタッチですね。

MacはLeopardはどうなんでしょう?OSでは既に対応しているのかも知れない。あとはハードの部分だけではないのか?

来年はマルチタッチ対応Macが出てくる。それがトップシークレットだったりするかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

1歩1歩と本格的な寒さへ

今日は東北・北海道の所々で大雪となっている。

日本付近はまだそれほど強い寒気はないが、今日は低気圧の影響で北日本で雪となった。

久々に低気圧が日本付近で発達しそうです。あすの午後からは北日本中心に強い冬型。

その後もさらに強い寒気が南下する気配となってきた。


「2007.12.13 午前9時 500hPa面温度.pdf」をダウンロード

久々にこのサイトが復活。

ご復活おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォントブックのカバーフロー表示

フォントブックをカバーフローでクイックルックを使うと一目でフォントの中味を見られるがこれはデザインする人にとっては便利です。

フォントをダウンロードして使うことも出来る。

まだまだ、ごく一部のことしか分かってないが、Leopardは奥が深いので触っているだけでも好奇心を沸き立たせるOSである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

2007.12.11高層気温

500hPa面(上空およそ5500m)の12月11日午前9時の温度を表示しました。

「2007.12.11 AM9:00 500hPa温度.pdf」をダウンロード

北海道で氷点下30℃以下がかかっているだけで、ここ2、3日は寒気の南下はなさそうです。

15、16日頃からはやや寒気が南下しそうな気配です。

氷点下30℃の線がおおよそ5400mの等高線と重なっていることが分かります。

この冬は今のところ日本付近で低気圧が発達せず。寒気の引き金になっていないようです。

なお、図はエクセルに貼付けましたが、前回はiMac G5、今回はIntel iMacでやりました。iMac G5の方が解像度は良いですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムマシンを過信するな

タイムマシンを過信してはいけない。最新のものでも1時間毎にバックアップされるだけだ。

自動バックアップされる前に新しいファイルがなくなる可能性もあるわけだ。

前にも失敗例を書いたが、新しいファイルを作成したら、【今すぐバックアップを作成】することが大事である。失敗してからは必ず実行している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

Leopardのリンゴマーク

以前の記事でLeopardになってリンゴマークも半透明になり色が変化すると書きましたが、iMac G5では
リンゴマークは半透明ではないです。色は変化しません。

こうしてPPCMacやらMacBookPro・MacBook・Intel iMacと4機種で見ていると同じLeopardでも機能とかも含め、違うんですよね。

WindowsのようにOSのバージョンは分かれてないですが、MacOSの場合はユニバーサルバイナリゆえ、
機種により機能とかも変わってくる。

Mac Proだけは使ってないので、よく分からないが違う発見ができると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

高層気温

2007年12月9日 日本時間午前9時の500hPaの温度を図にしてみました。

いろいろ試しましたが、やはりエクセルが良いですね。

「500hpa温度_2007.12.9.pdf」をダウンロード

現在はカムチャッカ半島の東の上空に寒気の中心があり、暖冬傾向の時に見られるパターンとなっています。

時々、北日本に寒気が流れ込む程度です。この時期になってもシベリア上空、北極圏上空の寒気はそれほど強いものはないです。

しばらく暖冬傾向が続きそうな感じです。11月に北日本で大雪になった時が一番強い寒気がありました。

今シーズンは11月の寒気が最大でしたということになるかも・・・
でも、寒気は生き物です。今後はどうなりますか?

12月13日より、当ブログにリンクさせていただいている高層気温解析予想が再開されるようです。

高層気温解析予想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マック国内シェア倍増

毎日j.p(毎日新聞社)のニュースによれば、今年前半に比べマックのシェアは倍増したと伝えている。

記事の抜粋
『調査会社BCNによると、マックの国内シェアは、今年前半は3%台半ばに低迷していたが、11月には6.2%に回復。8月に3年ぶりにデザインを一新したデスクトップに限れば、11月は9.9%と今年前半の5%前後から上昇し、国内メーカー3位のソニー(10.3%)に肉薄した。
 さらにマックを勢いづかせたのは、10月の基本ソフト(OS)の刷新だ。ウィンドウズとの併用を可能にした新OS「レパード」の発売に踏み切った。マックは従来、独自のOSを搭載し、広く普及した米マイクロソフトのOS「ウィンドウズ」用ソフトが使えなかったが、利用者の不便が解消された。
 BCNによると、アップルのOSの国内販売シェアは10、11月には約6割に達し、ウィンドウズを抜いた。「iPod購入者がレパードを買い求めた。パソコンもマックに乗り換える原動力になった」(大手量販店)という。』

いまやマックに乗り換えは世界のトレンドになってきた。来年中にはパソコン全体のシェア30%獲得も充分あり得る。

時代はマック・マックへと大きく動いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マックワールドでMacBook touch登場か

来年1月のApple最大のイベント、マックワールドで発表される可能性が出てきた。

私はおそらく、MacBookの名前を付けるが、キーボードを付けないで画面上で操作する12インチディスプレイのタブレットマックになるのではないかと思っています。

Appleは手のひらで画面を操作できる特許も申請しているようだし、来年はMacBookを皮切りに、いよいよ大画面上でマルチタッチ機能を備えたMacが続々と出てきそうな予感がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

高層気温分布図について

寒波の目安となる高層気温の分かりやすい図が気象庁のサイトにはないのですが。

民間の気象予報士サイトではこのブログでリンクさせている高層気温解析予想がありますが、現在管理人の方が体調不良のため更新されていません。

予報はできませんが、私自身が何か工夫して現在の高層気温図を書きたいと思っています。

500hPa面(上空約5500m)850hPa面(上空約1500m)の気温。これは平地で雪の降る目安が1500m上空では氷点下6℃以下。大雪の降る目安が5500m上空で氷点下36℃以下。とかは皆さんご存知のことだと思います。

テレビの天気予報ではよく図にして解説していますが、気象庁はじめ民間の気象会社もそういう図は見かけないのです。これがあれば便利なのですが・・・なぜ作らないのか?

とりあえず、ここしばらくは強い寒波の襲来はなさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポットライトの計算

スポットライトでの計算機能は革命的なスピードアップにつながる。

仕事では計算をすることが多く非常に効率アップになっている。

同じパターンの計算をする場合1文字か2文字を変えるだけで、すばやく計算結果が得られる。

たとえば、ルート計算ならsqrt(2)と打てば結果が即座に出る。後は()内の数値を変えるだけで、すべてのルートが開ける。計算機を使うより、遥かに効率よく計算できる。

もちろんご存知とおもいますが、×÷が優先するので続けて打つ時には+−を優先させる場合は()を付けないと違った計算結果となるので注意が必要。よく使う簡単な四則計算例として、(定数−変数)*3を求めるのに変数だけを打ち直すことで即座に答えが出る。

Leopardは本当に仕事に役立つOSだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

深夜2時の怪

昨日の午前2時台にアクセスが急増。

解析を見てもよく分からない。不思議ですね。

最近なにか心当たりがあるとすれば義父の死去。分からない。分からない。分からない。これはなんなのだ。

プロフィールページ

最近はないですが、ポルターガイスト現象・心霊写真は凄く経験しています。

このブログの本題からは離れた話題でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac版Office2008 1月16日発売

Office2008がいよいよ来年早々発売が決まったが、問題はWindows Office2003との互換性ですね。

Windows同士の Office2007と2003でも互換性がなくなっている。(私の会社でも2007を使用する可能性はゼロに近い)

現在のOffice2003とMac版2004はエクセルで互換性はない。2008でも期待できない。

いくら、機能が向上し、Leopardに特化したものでも互換性を失えば仕事で使うことはできない。

この辺はマイクロソフトはどのように考えているのでしょう?とにかくエクセルの互換性をなんとか修正してもらいたい。

まあ家庭だけで使うのなら面白いソフトかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

Vista SP1で機能制限モード廃止の方向へ

これは海賊版利用者に対する処置を緩めることにするようだ。

Windows VistaはXPより規制が厳しい。ここまでしないとVistaは伸びないのか。

ついでにホームバージョンでも仮想化禁止の規制を解除してはどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 4日 (火)

バヌアツの悲劇

オーストラリアの東に位置する「地球上で一番幸せな国家」が地球温暖化による危機に瀕している。

海面上昇で島が腐り始めたのだ。世界で、もっとも環境資源を効率よく利用している国が温暖化により、このような結果になっている。

最近になり、オーストラリアもやっと京都議定書を批准したそうだ。

一番温室効果ガスを排出している先進国アメリカが、京都議定書に批准していない。

何とも皮肉な結果だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 3日 (月)

MacOSのシェア伸びる

全世界の11月のMacOSのシェアは6.81%。

過去3ヶ月で見ると、

8月  6.18%
9月  6.63%
10月  6.59%

ちなみにWindows Vistaのシェアは 9.19%。

おそらく日本では世界の水準より、もっと多いのではないかと思います。元々Macのシェアは日本では高くなる素地を持っている。日本人の感覚には合っているOSだと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

BootCampβも今年限り

私も1年以上お世話になったβー版ですが、今年限りで使用出来なくなる。

一時は有償のBootCampが別売りされるとの噂もあったが、Tiger Intel Macを買った人でWindowsをやりたい人は、結局Leopardを買わないと出来ない。しかし、14,800円でLeopardにバージョンアップする価値は十二分にある。Windowsはやりたくなくなるのではないでしょうか?

もっとも、仮想化ソフトで動かせばTigerでも出来る訳ですが。私もパラレルズを買ったが、Vistaホームベーシックを使っているので、パラレルズではLinuxをやっている。

マイクロソフトは失敗した。ホームバージョンでこそ仮想化をできるようにしなければいけなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

11月アクセスIntel Macが上回る

11月のOS別アクセスがまとまりました。

Windows XP 31.2%

Intel Mac 26.9%

PPC Mac 26.8%

Windows2000 6.9%

Windows Vista 3.4%

Robot/Tool 2.5%

Linux 0.3%

その他 2.0%

10月26日のLeopard発売以来、Intel Macが急速に伸び、とうとうPPC Macを僅かに上回りました。これはハードの伸びでもあり、新しくMacを購入された方が急速に増加していることを意味していると思います。

前回の統計

Leopard人気の凄さがよく分かります。もっともPPC MacのLeopardからアクセスいただいた方も大勢いらっしゃると推測します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »