« 寒冷渦 | トップページ | 同じ京都市でも北と南では積雪量が大きく違う »

2007年12月29日 (土)

京都市では上空の寒気が東へ抜けるころ雪が降り易い

これは、寒気が東へ抜けると、上空の風が北向きに変わるからです。

前の記事でも書きましたが、京都市内では北風になった時、雪が降り易くなります。

ですから、寒波の後半に大雪になることもよくある。京都市の西は中国山地で、西風は空っ風になり、雪は降らない。

あくまで、京都市は典型的な山雪型タイプである。それも東寄りの成分を持ったときが一番。

ただし、寒気の強い時は、北西風でも大雪になる場合がある。

|

« 寒冷渦 | トップページ | 同じ京都市でも北と南では積雪量が大きく違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市では上空の寒気が東へ抜けるころ雪が降り易い:

« 寒冷渦 | トップページ | 同じ京都市でも北と南では積雪量が大きく違う »