« 自転車ばかりを責めないで | トップページ | 自転車規制罰則の一部誤り 訂正 »

2008年6月 2日 (月)

TMSの等価疾患

前述のニューヨーク医科大学のサーノ博士の著書「心はなぜ腰痛を選ぶのか」の中で、TMSの等価疾患として、7つのカテゴリーに分類している。

1.消化器系
2.循環器系
3.皮膚関連
4.免疫系
5.泌尿生殖器系
6.良性の心機能障害
7.その他

となっている。殆どの病気を網羅している。疼痛症候群と同様、これらの大半は基本的に致命的な疾患ではないとしているが、まずは正規の医師の診察を受け重篤なものではないことを確認しなければならないことを前提にしている。

感染症に至るまで、心身症の類いに入っている。(これはどういうことなのか)このカテゴリーの詳細については後日、書きます。

全ての病気は心身相関していると言える。

|

« 自転車ばかりを責めないで | トップページ | 自転車規制罰則の一部誤り 訂正 »

痛み・心身症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TMSの等価疾患:

» 体の痛みを確実に取る!―新オステオパシー療法 [大アマゾン川]
体の痛みを確実に取る!―新オステオパシー療法 こんな本が売っていた。腰痛に効くのか?それはやってみないと わからないが、この本 体の痛みを確実に取る!―新オステオパシー療法 1260円である やってみる価値はある。ぎっくり腰は魔女の一刺し、病院に行くのに いけない状態がる。仕方ないから寝ている。寝ていると頭痛もしてくる。 ぎっくり腰、ヘルニアは病院を転々としている人も多いが、 本を見�... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 午前 04時55分

« 自転車ばかりを責めないで | トップページ | 自転車規制罰則の一部誤り 訂正 »