« 岩手・宮城内陸地震の被災地では大雨 | トップページ | iPhoneネットワーク選択でDoCoMoが表示される真実は? »

2008年7月12日 (土)

NANDフラッシュ価格の下落率は1年で約50%となっている

iPhoneやiPod touch MacBook Airなどに使われている大容量型半導体記憶素子(NANDフラッシュ)の下落は1年で約半額になっているとの情報がある。(これは東芝の例。Appleが使っているサムスン製など外国製は、それ以上に下がっていると見ていますが)

一方、iPhone3Gの発売でNANDフラッシュが上がるとの見方が一部にあるが、私は懐疑的です。

今後はパソコンでもハードディスクに変わりSSD(ソリッドステート ドライブ)の時代になると思われるが、基本的には下落傾向は続くと見ています。

次世代だけでなく、現行iPod touchも価格を下げる余裕は出ている筈。MacBook Airは既にSSD搭載の上位機種の価格を下げている。

AppleさんiPod touchの価格を下げてください。

|

« 岩手・宮城内陸地震の被災地では大雨 | トップページ | iPhoneネットワーク選択でDoCoMoが表示される真実は? »

エレクトロニクス製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NANDフラッシュ価格の下落率は1年で約50%となっている:

» NANDフラッシュ価格下落率は1年で約50%となっている [Macbook Air Apple MacBook and MacBook Pro News]
[...] an interesting post was made today on this site [...]... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 午前 05時58分

« 岩手・宮城内陸地震の被災地では大雨 | トップページ | iPhoneネットワーク選択でDoCoMoが表示される真実は? »