« Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic届く | トップページ | 米政府 ビッグ3救済へ緊急融資 »

2008年12月18日 (木)

来年1月のMacworldでは新しいデバイスが出るのではないか

来年1月のMacworldでは、ジョブズCEOの基調講演は無し。上級副社長のフィリップ・シラー氏が基調講演を行うことで、新しい製品は出ないだろうとの記事も見かけるが、私は10万を割る(恐らく7・8万円)程度の全く新しいデバイスを発表するのではないかと期待している。

Mac全体の売上げは前年同期比で横ばい乃至1%程度の落ち込みとの推計も出ている。

100年に一度と言われる、この不況下で、いわゆる安価なネットブックPCを中心にWinマシンは伸びた。

Appleもこの流れに逆らえないでしょう。iTouchやiPhoneとMacBookの中間を目指す新デバイスを投入すると考えるのが自然。(今夏に、Appleの幹部は既にタマは持っているとの発言もしていたことを記憶している)

いわゆる、ネットブックではなく、もっと斬新なものを出すのではないか。もちろんApp Storeのアプリが使えるデバイスです。App Store はアップルの秘密兵器なんですから、App Storeを利用出来るデバイスを増やしてこそ最後のMacworldとする意義があると思う。

|

« Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic届く | トップページ | 米政府 ビッグ3救済へ緊急融資 »

Apple系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年1月のMacworldでは新しいデバイスが出るのではないか:

« Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic届く | トップページ | 米政府 ビッグ3救済へ緊急融資 »