« 寒の戻りは北日本中心 | トップページ | とんでもないニュース »

2009年2月17日 (火)

認知行動療法

たけしの本当は怖い家庭の医学。今日やっていましたね。

いよいよ、腰痛とストレスの関係が認識されてきたようです。

腰痛は認知行動療法が一番良いということは、私のブログでは言い続けています。

サーノ博士は言っている。この脳と痛みの関係を理解するだけで治る人もいると。
ただ、加茂先生は脳の可塑化(痛みの悪循環に陥ると)が起こると痛みの本質である体の電気信号回路がロックされてループが作られてしまうので、完全に治ることは難しいのだという。

ですから、痛みは初期消火が大事です。今の整形外科医はこれをやらないから、ダメなんです。

整形外科医の皆さん目覚めてください。

|

« 寒の戻りは北日本中心 | トップページ | とんでもないニュース »

痛み・心身症」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知行動療法:

« 寒の戻りは北日本中心 | トップページ | とんでもないニュース »