« iタブレット ここまで事前に騒がれた製品はない | トップページ | iPad紹介動画 »

2010年1月28日 (木)

iPad登場

Itunes_20100127

Contacts_20100127

<要点を整理した>

ランドスケープ、ポートレートモードにすることができる。

モバイル版ではなく、「完全なウェブサイト」を閲覧可能という。

スペックについて。iPadは厚さ0.5インチ、重さ1.5ポンド。9.7インチのIPSディスプレイ。

マルチタッチスクリーンで、1GhzのカスタムされたAppleチップ。A4という。プロセッサ、グラフィック、I/Oメモリコントローラが1つのチップに収まっている。16、32、64GバイトのSSDを搭載。

802.11n Wi-Fi、Bluetooth、加速度センサ、コンパス、バッテリは10時間。

書籍を直接iPadにダウンロード可能。Penguin、Harper Collins、Simon and Schuster、MacMillan、Hachetteなどの大手出版社の書籍が27日午後から同ストアに並ぶ。
書籍を読むには、その書籍を画面上でタップすると開くことができ、ポートレートモードでもランドスケープでも読むことができる。右側をタップするとページがめくれ、次へと進める。左側をタップすると元のページに戻る。指でページを右から左へとドラッグして目的のページを開くこともできる。

iWorkは、iPad向けに改良された。新しいKeynoteは、タッチ入力だけで、プレゼンテーションを作れる。PagesとNumbersも同様。
Keynoteのマルチタッチ機能を紹介。次にPagesでのページレイアウトやテキスト、画像などの処理を披露。Numbersは、タッチだけでスプレッドシートを作成できる。

ワイヤレスについて。Wi-Fiを搭載する。3Gを搭載するモデルも用意される。

16Gバイトモデルは499ドル。32Gバイトモデルは599ドル。64Gバイトモデルは699ドル。3Gをつけるとそれぞれプラス130ドル。

MacとWindowsPCの両方で同期できる。

アメリカ以外では6月以降に発売。

|

« iタブレット ここまで事前に騒がれた製品はない | トップページ | iPad紹介動画 »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« iタブレット ここまで事前に騒がれた製品はない | トップページ | iPad紹介動画 »