« 携帯各社に「SIMロック」解除要請へ | トップページ | 京都の体感温度指数を追加しました »

2010年4月 3日 (土)

parallels Desktop 5でChrome OSを試す

仮想化ソフトparallels Desktop 5でGoogleのChrome OSを試してみました。

インストールは簡単です。parallels Desktop 5ファイルメニューから「Chrome OSのダウンロード」を選べば、ダウンロードが始まり起動できます。

Chrome OSに入るには、Gmailアドレスとパスワードが必要のようです。

一見した感じはブラウザのGoogle Chromeと変わらない。Chrome OSはまだβ版なので、入力も日本語には対応していない。英語のみのようです。
メモリーはアクティビティモニタで見ている限りWindows7より喰わない。

まだ、何が出来るかよく分からないですが、昨日、当ブログでアップした桜の写真が、何故か?現れてアップロードしただけです。

個人情報を記憶しているようですね。少し怖いような気もしました。(Googleさん。誤解でしょうか)

オープンソースのOSでクラウドの彼方にあるという感じです。

これで私の持っているiMacで、Mac OS/Windows7/Linux Ubuntu/Chrome OSの4つのOSを使っていることになる。ある意味Macだから、こういうことが簡単にできるのかも知れない。

追記:Linux Ubuntuはパーティションを分けて使っています。BootCampのようにoptionキーを押しながら切り替えています。

|

« 携帯各社に「SIMロック」解除要請へ | トップページ | 京都の体感温度指数を追加しました »

IT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 携帯各社に「SIMロック」解除要請へ | トップページ | 京都の体感温度指数を追加しました »