« iPad販売台数 100万突破 | トップページ | iPadアプリ クラッシュも多いようだ »

2010年5月 4日 (火)

iPadの延期は販売戦略ではなかったのか?

先月、iPadのアメリカ国外での販売が1ヶ月延長になったと聞いた時は、私も販売戦略ではないかと、多少の疑いを持っていました。

しかし、昨日、販売台数が4月30日で100万を突破したと発表があり、延期は戦略的に行われたものではなかったとも思われる。このペースで売れると仮定すれば年末までにアメリカだけで900万台の売上だ。(4月・5月はアメリカ国外にもかなりの台数が流出していると推察されるが)

やはり、供給が需要に追いついていない程、売れているのでしょうか。ということでApple US(日本時間5月4日現在)サイトを見てみると全てのiPadが出荷予定日5〜7営業日だ。特別長い待ち時間でもない。

おそらく現在のアメリカ国外販売予定日がさらに遅れることはないでしょう。

|

« iPad販売台数 100万突破 | トップページ | iPadアプリ クラッシュも多いようだ »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadの延期は販売戦略ではなかったのか?:

» 「販売戦略」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「販売戦略」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「販売戦略」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

受信: 2010年5月 6日 (木) 午後 09時58分

« iPad販売台数 100万突破 | トップページ | iPadアプリ クラッシュも多いようだ »