« iPadでYouTubeが見られない問題 | トップページ | iPad/Apple TVに関するスペシャルイベントの予想 »

2010年6月11日 (金)

iPadのSafariでYouTube動画が見られないのは動画投稿者の拡張子に起因

今朝、アップルケアに電話で問い合わせたところ。

iPadのSafari上でYouTube動画が見られないものがあるのは、動画投稿者の使っている拡張子による問題だという回答でした。

見たい場合は、iPadのYouTubeアプリケーションで見るか、パソコンでiTunesのライブラリにあるムービーにYouTubeを取り込み、詳細メニューバーから「iPad/Apple TVバージョンを作成」でYouTubeをiPadに最適化した上で、iPadに同期させて見る。どちらかの方法で見てくださいということでした。

結論は、iPadでYouTubeを全て見るのには、iPadに最適化することが必要ということになる。

こちらのページをお読みください。「iPad版 SafariでYouTubeが見られないものが有るのはAdobe Flashが使われているため

|

« iPadでYouTubeが見られない問題 | トップページ | iPad/Apple TVに関するスペシャルイベントの予想 »

iPad」カテゴリの記事

コメント

TAKUYA様。
コメント有難うございます。

iPad版Safariの問題というよりも、iOS・iPadOSが対応出来ないということでしょう。

Adobe Flashは見られないのは事前に分かっていたことですが、YouTubeは全部見られると思っていたので、これは落とし穴でした。

投稿: TORIO | 2010年6月19日 (土) 午後 09時36分

なるほど〜拡張子に起因ですか。。。

でもPCのSafariでは見れるので、やはりiPadのSafariに起因があるように思えちゃいますね。

早く直るといいですねorz

私もこの問題を調べていて、こちらのサイトにたどり着きました^^

投稿: TAKUYA | 2010年6月19日 (土) 午後 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadのSafariでYouTube動画が見られないのは動画投稿者の拡張子に起因:

« iPadでYouTubeが見られない問題 | トップページ | iPad/Apple TVに関するスペシャルイベントの予想 »