« Safari 5になってからiPadのSafari動作に似てきた | トップページ | Google 日本語入力支援ツール »

2010年6月 9日 (水)

iPhone4搭載の網膜ディスプレイ『Retina』とは

Overviewcamera20100607
iPhone4


今回のiPhone4で搭載された「網膜ディスプレイ」とは。

あまり、聞き慣れない言葉である。私も正直知らなかったので、調べると。

「網膜走査ディスプレイとは、網膜に直接光を当てて映像を映す方式の表示装置」

「網膜走査ディスプレイでは、目に入れても安全な明るさの光を網膜に当て、高速に動かすことで生じる残像効果によって、視覚として認識可能な像を網膜に投影する。像は透過するため実際の視野と重ねて表示可能、大画面で表現可能、網膜に直接投影するため機密性に優れる」といった利点がある。などと書いてある。

これは、日本のブラザー工業が2008年に小型化に成功したようです。

「今回の新ディスプレイは『Retina』(網膜) と名付けられた。Retina ディスプレイでは、文字がくっきりと表示されるため、電子書籍も印刷紙面のフォントのように鮮明に見えると」ジョブズCEO は述べている。

やはり、AppleはiPhoneに力を入れている。

|

« Safari 5になってからiPadのSafari動作に似てきた | トップページ | Google 日本語入力支援ツール »

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4搭載の網膜ディスプレイ『Retina』とは:

« Safari 5になってからiPadのSafari動作に似てきた | トップページ | Google 日本語入力支援ツール »