« 京都 嵐山の鵜飼始まる | トップページ | 降水確率、何%だったら傘を持って行く? »

2010年7月 2日 (金)

GPS天気情報の落とし穴

iPhone/iPadや携帯電話などでGPSを使ったピンポイント天気情報が行われているようですが、ピンポイント天気予報自体の精度もまだまだという感がある。

この梅雨時期や夏の局地的な大雨などは、何処で、何時にどれくらいの雨が降るかという予報は専門家でも難しいのが現状。

特に河川での遊びには十分な注意が必要であろう。
現在地の天気は晴れでも、川上が大雨になっている場合も多い。過去にも、川遊びで自分の居るところは雨が降っていないが、川上で大雨になっていて、急に濁流が押し寄せ、命を無くされた事故も多い。

夏の河川では現在地の天気ではなく、川上の天気情報に気を付けることが大事になってきます。

そういう意味で、GPSの天気情報を過信するのは危険ではないでしょうか。地元での情報・アナウンスに注意を払うことでしょう。(まだ整備されていない所が多いとは思いますが)

|

« 京都 嵐山の鵜飼始まる | トップページ | 降水確率、何%だったら傘を持って行く? »

IT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPS天気情報の落とし穴:

« 京都 嵐山の鵜飼始まる | トップページ | 降水確率、何%だったら傘を持って行く? »