« 大日本印刷が国内最大級の電子書店を今秋開設 iPadでも対応か | トップページ | iPadのA4チップはサムスン製の可能性 »

2010年7月 9日 (金)

iPad版 SafariでYouTubeが見られないものが有るのはAdobe Flashが使われているため

皆さんご存知の方もいらっしゃると思いますが、iPad版 SafariでYouTubeが見られないものが有るのは、実はAdobe Flashが使われているためです。

結論は、iPadのSafariでYouTubeが見られない動画投稿者の拡張子というのはAdobe Flashのことです。

iPadやiPhoneがAdobe Flashに対応していないのは多くの方がご存知だと思いますので、これは仕方ないことでした。

それにしても、iOSというのは本当にAdobe Flashと相性悪いのでしょうか?
iPadに対応するHTML5も急速には進まない状況のようです。

参照記事 cnet Japan「YouTubeがFlashのサポートを続ける理由--HTML5動画に足りないもの


ブログトップページ

|

« 大日本印刷が国内最大級の電子書店を今秋開設 iPadでも対応か | トップページ | iPadのA4チップはサムスン製の可能性 »

iPad」カテゴリの記事

コメント

今日、アップルケアで確認をとったところ、iPadでYouTubeが見られない拡張子はAdobe Flashであるとの返答がありました。

投稿: TORIO | 2010年7月 9日 (金) 午後 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPad版 SafariでYouTubeが見られないものが有るのはAdobe Flashが使われているため:

« 大日本印刷が国内最大級の電子書店を今秋開設 iPadでも対応か | トップページ | iPadのA4チップはサムスン製の可能性 »