« iPadは安い | トップページ | 関東地方で春一番 »

2011年2月25日 (金)

iMovie'11の「手ぶれ補正」は使わないのが良い

本来、このような記事タイトルを付けるつもりはなかった。今年2回目になりますが、京都東山の「ねねの道 高台寺」の界隈の模様をiPod touchで撮り、動画をYouTubeにアップしました。(今日撮ったものです)前回の「時雨殿」でも少し気になっていたのですが、iMovie'11の「手ぶれ補正」を使うと、逆に「ブレ」がひどくなるようです。「ブレ」というか、映像が揺らいでいるようです。歪が生じている感じもします。補正かける前はそんなに手ぶれ無かったです。「時雨殿」の時は最初の部分だけ補正をかけ、且つ補正した部分を殆どカットしましたので分かり難いと思いますが、今日は全面的に補正をかけました。再度iPod touchから取り込みましたが、コネクタを繋いでいたせいかiPod touchの元の動画も補正が効いていたようで復元は出来ませんでした。失敗しました。もう2度と補正かけません。iMovie'11を修正して貰いたい気持ちです。

|

« iPadは安い | トップページ | 関東地方で春一番 »

Apple」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

YouTube動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMovie'11の「手ぶれ補正」は使わないのが良い:

« iPadは安い | トップページ | 関東地方で春一番 »