« iMacに搭載されているSeagate製1TB HDDリコール | トップページ | Verizon iPhone 4は発売の約1ヶ月前に正式発表が行われている »

2011年7月24日 (日)

30年の眠りから覚めた アオノリュウゼツラン撮りました

100年に一度咲く花という意味の英名を持ち、日本では開花に30~50年かかるアオノリュウゼツランが、今年、京都府立植物園で花を咲かせました。珍しいことですので、撮ってきました。
京都新聞によれば、【長い年月、栄養をため込み、3カ月で花茎を高さ8メートルに急成長させた姿は、植物の神秘を感じさせている。リュウゼツラン科で米国南部やメキシコの原産。一回結実性の植物で、栄養が十分になるまで長期間花を付けず、開花したら枯れてしまう。
地面に放射状に広がる肉厚の葉から幹のような花茎が伸び、先端に長さ10センチの淡い黄色の花が咲いている。植物園によると、今回の生育期間は約30年。3月から花茎を一気に伸ばし、6月21日に最初の花を咲かせた。7月下旬まで5千個近い花が咲き続けるという。府立植物園での開花は4例目。】ということである。
動画の後半は温室の植物を撮っています。
YouTube上でも、この花を写した日本の動画は3件だけのようです。(内1件はテレビニュース映像)簡単には撮れない花のようです。
2011年7月3日撮影。

|

« iMacに搭載されているSeagate製1TB HDDリコール | トップページ | Verizon iPhone 4は発売の約1ヶ月前に正式発表が行われている »

京都」カテゴリの記事

生物 自然」カテゴリの記事

YouTube動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年の眠りから覚めた アオノリュウゼツラン撮りました:

« iMacに搭載されているSeagate製1TB HDDリコール | トップページ | Verizon iPhone 4は発売の約1ヶ月前に正式発表が行われている »