« auがiPhone 5の販売を示唆する記事 | トップページ | 台風9号の予想進路は »

2011年7月30日 (土)

鳥取砂丘の砂を使った嵐山「砂の彫刻展」を撮りました

東日本大震災復興の願いを込めて鳥取砂丘の砂を使った「砂の彫刻展」が今日から嵐山で行われています。砂像は京都造形芸術大学と京都嵯峨芸術大学の学生さんが製作したものです。 主催者の話しでは『砂の彫刻(砂像)は、まだまだなじみの少ない芸術ですが、鳥取市では「鳥取砂丘 砂の美術館」で展示され、たくさんの観光客をひきつけています。 この砂の彫刻を、京都市内でも多くの観光客をひきつける嵐山に製作・展示し、全国から訪れる観光客の皆様に楽しんでいただき、ついては、鳥取への観光客誘致につなげていき­たいと考えています。』としています。 最後に映っているのはホットスポットならぬ、嵐山のクールスポットと私は言っている場所で山から水が流れ落ち、太陽が当たらず涼しい所です。以前、山から下りてきたサルと出くわしたこともあります。 2011年7月30日撮影。

|

« auがiPhone 5の販売を示唆する記事 | トップページ | 台風9号の予想進路は »

文化・芸術」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

YouTube動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取砂丘の砂を使った嵐山「砂の彫刻展」を撮りました:

« auがiPhone 5の販売を示唆する記事 | トップページ | 台風9号の予想進路は »