« iPhone 5のau発売日が気になります | トップページ | iPhone 5スクープ騒ぎの裏話 »

2011年9月25日 (日)

周恩来「雨中嵐山」

中国の元首相、周恩来は日本に留学していたが、1919年南開大学への進学を決意し、日本から帰国のために神戸に向かうがその途中、京都に立ち寄りしばしの観光を楽しんだ。周恩来は嵐山と円山公園を幾度か訪れ、満開の桜と緑鮮やかな山河を目にした感動を4篇の漢詩に綴っている。周恩来のこの時の漢詩が「雨中嵐山」である。(ただし、漢詩を綴った意味には複数の説があるようです)

京都の日中友好関係団体により日中平和友好条約の締結を記念して建立されたものである。
現在では日中友好のシンボル、中国人観光客の観光スポットとなっており、中国要人が関西を訪問した際もここを訪問する。碑文は当時の廖承志中日友好協会会長が、日中友好条約締結時の1978年に揮毫したもの。

周恩来の人間性は誠実・寛容など、とても良い方で、世界の著名人も尊敬している人が多い。チャップリンとも親交が有った。
現在の中国に周恩来がおられたなら、世界はもっと良い方向に行っていたのではないかと思います。中国共産党指導者の中で、周恩来は唯一、尊敬出来る人物です。日本でも周恩来を尊敬する人は多い。

2011年9月16日撮影。

|

« iPhone 5のau発売日が気になります | トップページ | iPhone 5スクープ騒ぎの裏話 »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

YouTube動画」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 周恩来「雨中嵐山」:

« iPhone 5のau発売日が気になります | トップページ | iPhone 5スクープ騒ぎの裏話 »