« 新しいiPadでWi-Fi接続が不安定か | トップページ | Apple 一番人気のYouTube動画 »

2012年3月26日 (月)

房総沖に新たに2つの活断層

名古屋大、広島大、海洋研究開発機構などの研究グループが房総半島南端から南東に百数十km以上離れた太平洋の海底に、これまで知られていなかった長い2つの活断層が存在するとの調査結果を、25日までにまとめたとのことです。
長さは160kmと300km以上で、一度にそれぞれの断層全体が動けば、いずれもマグニチュード8~9の地震を起こす可能性があると指摘されています。

これは、今朝の京都新聞(ペーパー)でも読みましたが、オンラインの産経ニュース「房総沖に未知の2活断層 長さ160~300キロ M8~9、沿岸に津波も」にも載っています。

外房には親戚もいますし、人ごとではないんです。京都も安心出来ませんが。

|

« 新しいiPadでWi-Fi接続が不安定か | トップページ | Apple 一番人気のYouTube動画 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

生物 自然」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 房総沖に新たに2つの活断層:

« 新しいiPadでWi-Fi接続が不安定か | トップページ | Apple 一番人気のYouTube動画 »