« 嵯峨広沢周辺の桜 | トップページ | 前投稿記事の問題が尾を引いているため今日は休載します »

2012年4月10日 (火)

京都市北西部で謎の光る流線形の物体出現

8日(日)の夜に、十六夜の月と夜桜を撮りに行きましたが、謎の光る流線形物体を捉えましたので先にこの部分をアップしました。光っているのは最初の1秒間です。お分かりの方がおられればお教え下さい。光の速度は早いです。音は車です。

この動画には「すごいこんなのはじめて見ました。」というものや、やや意味不明の「形を見たのでしょうか、風邪薬の錠剤の形、そして後ろの上部に小­さな三角の垂直尾翼がありませんでしたか、北朝鮮のミサイル発射­が近づいています、なぜか現れるのです自分は以前のテポドン発射­の日の前日夜半に30機の編隊を双眼鏡で目撃しました機の底部に­夜景が反射していました。形が特定できなければ流星の可能性があ­りますが、流星にしては速すぎるようですが。」というコメントも頂いております。

私は三脚を使って撮っていましたので、実際に肉眼で何か光ったものが走ったというのを確認していますが、とにかく猛スピードで地上から空に飛んで行くように見えました。流星ではなかったと思います。

|

« 嵯峨広沢周辺の桜 | トップページ | 前投稿記事の問題が尾を引いているため今日は休載します »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

生物 自然」カテゴリの記事

宇宙」カテゴリの記事

YouTube動画」カテゴリの記事

コメント

YouTubeサイトでは「ストップモーションで見たのですが、これだけ­の明るさで見える流星に付き物の火の粉や流星痕など見られません­、某国製の生臭いUFOなら良いのですが。一番怖いのは地下の断­層からの電磁放射です、京都には同じ方向に数本の断層があります­。現在大気イオン観測網e-PISCOのデータがメチャクチャな­数値を示しています、異常な発光現象、地鳴りなどに注意をかたむ­ける必要があるのではないでしょうか、京都直下型地震も必ず起り­ます。」というコメントも頂いています。

これが何かの予兆でなければよいのですが。

投稿: TORIO | 2012年4月10日 (火) 午後 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嵯峨広沢周辺の桜 | トップページ | 前投稿記事の問題が尾を引いているため今日は休載します »