« Windows 8 UIについて | トップページ | 近畿・中国・四国・九州北部で梅雨入りしたとみられる »

2012年6月 7日 (木)

やはり大飯原発直下に破砕帯がありました

私が心配していたことですが、大飯原発直下に破砕帯と呼ばれる断層が有ったようです。東洋大の渡辺満久教授らの専門家の研究で、大飯原発敷地内を走る軟弱な断層が近くの活断層と連動して動けば地表がずれる可能性があると指摘されたようです。
首相は大飯原発再稼働で「二度と事故を起こさない決意で安全対策には万全を期す」と訴えたということですが、決意だけなら誰でも出来ます。万全を期すと言っても絶対的な安全対策などあり得ないでしょう。万一、事故があれば、首相を辞任するだけで済む話ではない。
もっとも、原発が停止していれば事故は無いとは言えないので、廃炉の方向で考えるのが賢明だと思います。大飯原発再稼働は福井や近畿地方だけの問題ではないです。

参照記事 @Niftyニュースこちら

|

« Windows 8 UIについて | トップページ | 近畿・中国・四国・九州北部で梅雨入りしたとみられる »

ニュース」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

生物 自然」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Windows 8 UIについて | トップページ | 近畿・中国・四国・九州北部で梅雨入りしたとみられる »