« 東岸和田だんじり祭 信号機に激突 救急車 | トップページ | 台風26号 厳重警戒 »

2013年10月13日 (日)

大津祭 本祭 曳山巡行

大津祭は、天孫神社の祭礼です。長浜曳山祭、日吉山王祭と並んで湖国三大祭の一つに数­­えられ、滋賀県無形民俗文化財に指定されています。本祭には13の曳山町から13基­の曳山が出され、終日コンチキチンの囃子とカラクリを­演じながら市内を巡行します。­江戸時代に製作された華麗な曳山は、「動く文化財」とも­言われています。
この大津祭がいつごろ始まったかは明確な資料は有りませんが、唯一の記録の『四宮祭礼­­牽山永代伝記』大津祭曳山連盟蔵と寛永12年(1635)の「牽山由来覚書」(西行­桜­狸山保存会蔵)によって、大津祭の起源は、江戸時代のはじめにあたる慶長~元和年­間(­1598~1624)と考えられるということです。本祭は、ゴブラン織や、装飾­金具に飾られ、同時にこの祭を支えてきた大津町衆の心意気­が示されています。

|

« 東岸和田だんじり祭 信号機に激突 救急車 | トップページ | 台風26号 厳重警戒 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

YouTube」カテゴリの記事