« 阪急電車京都線 事故多発の危険な踏切 | トップページ | 幻想的な光るクラゲ »

2014年4月11日 (金)

世界遺産 仁和寺の御室桜

先日、HNK朝のニュースでも放映されていたようですが、御室桜の特徴は樹高が低く、根本より香りの高い白花を咲かせ、京都の桜の終わりを飾ります。御室桜の起源は古く平安時代まで、さかのぼりますが、現在のものは江戸時代初期に植えられたものです。
旧御室御所で、皇室と縁が深く、高松宮殿下や現在の皇太子殿下が植樹された桜も見られます。

|

« 阪急電車京都線 事故多発の危険な踏切 | トップページ | 幻想的な光るクラゲ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

生物 自然」カテゴリの記事

YouTube」カテゴリの記事