« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

2023年7月31日 (月)

台風6号の進路予想が九州へ

台風6号の進路予想が昨日までは中国大陸への進路予想でしたが、九州へ接近する予報に変わりました。下記は気象庁の予想進路図です。

 

20230731-125807

|

2023年7月29日 (土)

プロトン現象も気になります

プロトン現象も気になります。太陽から相対論的エネルギーに加速された陽子を発生させる現象をいう。太陽フレアの際に太陽近傍で加速されるか、コロナ質量放出に伴う衝撃波によって加速されると考えられている。大規模なプロトン現象は陽子がもつエネルギーの大きさから地球磁場に守られた内部磁気圏まで到達して、人工衛星などの宇宙機の誤動作や故障を引き起こすことがあり地球の極域に侵入することにより電波の伝播異常を引き起こします。臨時情報も出ています。

 

20230729-192458
20230729-192520

 

 

|

2023年7月27日 (木)

茨城県柿岡の地磁気擾乱が、やや活発に 太陽フレアも

茨城県柿岡の地磁気擾乱が、やや活発になっています。 太陽フレアも活発になっています。

20230727-94809
20230727-94759

|

2023年7月26日 (水)

関東直下型地震 M9は今年の9月に発生するのでしょうか?

七曜高耶さんと言う方の予知夢です。リンクします。FC2ブログが削除される可能性も有りますので、文字起こしをしました。

FC2ブログです。29日に大地震の発生が無ければ9月は大丈夫と思います。

2019年9月2日に視た夢。2019年9月2日に視た夢は、「関東直下型地震」「M9」の夢だった。

年月日迄今回視た筈が、何故か忘れている。夢の中、その地震は起きた。今年に入って2度視ている夢。

ただ、今回はM9という大きさを視た。トータルで考えると、「M9」と「震度7」は東日本大震災と同レベルになる。

揺れる時間はあまりにも長く感じる。机の下へ潜る家族の様子。

その地震の次の日に行われる、炊き出しの映像。今回は非常にリアルな夢だったことを思い出すと、徐々に近付いている感じもする。

私には想像も出来ない地震の規模。防災に関して言えば、出来るだけ自分を証明出来る通帳や印鑑は常に持ち歩いている方が
良いかもしれない。

持ち家ならばオーブンや冷蔵庫の中にしまえば例え火が出てもそれらは助かる。特に冷蔵庫は余程古いものでなければ防水の役目も出来るはずだ。

それにしても、この地震が起きた時に登場した「あの人物」が救済に一役買うとは・・・・。

前回、2018年3月28日の夢にタイの洞窟救出の時にイーロン・マスク氏が夢に登場したが(実際のニュースでも報道されたのだが)、
今回の登場人物(日本人)も、この地震時に活躍する人物としての「キーワード」になるのかもしれない。

追記で書き込んでしまいますが、時期を何となくですが書いておきます。

前回ネットで検索したところ「7月23日」が夏祭りと出ていたのでこれかな?と思ったのですが、
本日の夢では年(とし)と日(ひ)を忘れたものの、「9月」だと言うことが分かりました。

またネット検索したところ9月にも祭りがあることが分かりましたので(秋祭りなのか夏祭りというのか微妙なのですが)、
この時期は(としが判らないので毎年にはなりますが)どうぞ注意・警戒で宜しくお願い致します。







七曜 高耶

 

|

2023年7月22日 (土)

令和5年 京都 祇園祭 後祭 鷹山の宵々々山 祇園囃子 2023

2022年は3年ぶりに主要行事の京都祇園祭 後祭の「山鉾巡行」が行われましたが、その盛り上がりに華を添えたのが、勇壮な姿の「鷹山(たかやま)」でした。長い中断を経て、196年ぶりに後祭で巡行復帰を果たした鷹山は、今後さらなる復興が期待されています。今回は京都 祇園祭 後祭 鷹山の宵々々山 祇園囃子です。撮影日 2023/07/21

|

2023年7月18日 (火)

茨城県柿岡の地磁気擾乱が活発に

茨城県柿岡の地磁気擾乱が活発になって来ました。

 

20230718-113754

|

令和5年 京都 祇園祭 前祭 鶏鉾 2023 #shorts

京都祇園祭では初のshorts動画です。鶏鉾です。祇園囃子が鳴っていないのが残念です。撮影日 2023/07/16 撮影機材 iPhone SE 2nd手持ち。

|

2023年7月16日 (日)

令和5年 京都 祇園祭 前祭 長刀鉾 函谷鉾 月鉾 鶏鉾 菊水鉾 2023

祇園囃子は鳴っていないですが昨日、15日の他の方の宵々山を見て夜は危険と感じました。今日は宵山ですが、事故が発生しないように祈るばかりです。今日も、この動画を撮っている時に救急車が数台、来ていました。歩行者天国になると救急車も直ぐに来れなくなります。そこで暑いですが昼間に撮って来ました。祇園祭の宵山を軽く見ては危険です。他、shorts動画も有ります。撮影日 2023/07/16

|

2023年7月11日 (火)

猛暑の後に大地震は常識?

猛暑の後に大地震は常識となっているようです。

大正の関東大震災(1923年)は前月の8月が関東で記録的猛暑でした。埼玉県熊谷で38.4℃を観測しています。1995年の阪神・淡路大震災の前年の1994年7月に神戸で最高気温37.3℃、8月に38.8℃を観測。8月の月平均気温は29.8℃で観測史上2位です。東日本大震災の前年の2010年は埼玉県熊谷で7月に38℃、8月に37.9℃、8月の月平均気温は観測史上2位の29.3℃です。福島県福島市で7月に36.9℃、8月に37.6℃。8月の月平均気温は観測史上1位の28.6℃です。

|

2023年7月 6日 (木)

京都御苑の風景

京都市上京区に有る京都御苑の風景です。小川、池なども有ります。国民公園の位置付けとなっています。外国人観光客の姿も多く見かけられました。撮影日 2023/07/06

|

2023年7月 4日 (火)

京都府立植物園 紫陽花 #shorts

今回は京都府立植物園の紫陽花のshorts動画です。撮影日 2023/06/24 撮影機材 iPhone SE 2nd

|

2023年7月 3日 (月)

太陽フレアが活発に

太陽フレアが活発になって臨時情報も出ました。X1.0の継続時間が長いX線フレアが観測されました。フレアに伴うデリンジャー現象も日本各地で発生しています。

 

20230703-132308
20230703-132338
20230703-132409

|

7月の災害注意日

7月の災害注意日です。

3・4・5・7・8・9・10・11・13・14・15・16・17・18・19・20・21・22・24・25・26・27・28・30・31日です。

10日に福岡・大分に大雨特別警報が発令され、大きな被害が発生しているようですが、詳細は分かりません。

|

2023年7月 1日 (土)

京都府立植物園 蓮 #shorts 2023


今回は京都府立植物園の蓮のshorts動画です。撮影日 2023/06/24 撮影機材 iPhone SE 2nd

|

太陽フレアが活発に

太陽フレアが活発になっています。

 

20230630-184956

|

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »